多くの会社が行なっている節税対策|保険加入のメリットを要チェック

欠陥住宅に気付いた場合

家

住宅メーカーが入る保険

住宅を建築する場合には、引き渡し後に瑕疵が隠れていないかどうかに注意しなければなりません。しかし、素人ではなかなか隠れた瑕疵に気付くことはできません。実際に生活を始めてみなければ不具合に気づくことは難しいからです。引き渡しの際に、住宅メーカーから確認を受けますが、実際には鍵を渡されるだけで、建物本体に問題がないかどうかまではわかりません。生活を始めてみて、建具の閉まり具合がおかしいとか、床が傾いているとか、注文通りの窓がついていないなどに気付くものです。もちろん、明らかに設計と異なる場合や欠陥と認められるような場合には住宅メーカーで対応してくれるはずです。しかし、気づくのが遅れてしまった場合には、引き渡し後に発生したものとして修理費用を求められるケースもありますし、そもそも住宅メーカーが倒産してしまった場合には瑕疵が発見されても修理を依頼することもできません。そのような欠陥住宅が発生した場合の対応として、国は法律で住宅メーカーの瑕疵担保責任を制度化しています。住宅を建築した場合には、瑕疵が発生した場合に備えて住宅メーカーは保険に加入しなければならないように義務付けられているのです。これによって、万が一建物が欠陥住宅であることが分かった場合には保険が適用されますので、住宅メーカーは費用負担なく住宅の修理を行うことができるのです。仮に住宅メーカーが倒産した場合でも、その修理費用が保険会社から支払われることになります。

Copyright© 2018 多くの会社が行なっている節税対策|保険加入のメリットを要チェック All Rights Reserved.