多くの会社が行なっている節税対策|保険加入のメリットを要チェック

カップル

旅行中の非常事態の味方

異国の地に旅行に行くとドキドキしますが、事件に見舞われてしまうこともあります。そんな場合に備えて多くの海外旅行保険から比較して最も適した海外旅行保険に加入することを覚えておきましょう。事前に自分の旅行プランと旅行先の国を調べて一番適した海外旅行保険に加入しよう。

女性

30代向けの加入プラン

30代になると結婚や出産を経験する人も多く、ファイナンシャルプランナーと相談をして、保険の契約内容を見直すのが理想的です。病気への保障を手厚くすることも重要ですが、老後の備えを万全にしたり、自転車保険にも加入するのが賢い方法です。

自転車

まさに転ばぬ先の杖

自転車は便利な乗り物ですが、その分事故も多く発生しています。自分や家族が加害者になってしまう事も充分に考えられます。相手に障害を負わせたり死亡させたりすると高額な賠償をしなければいけません。そのようなもしもの時に備えて自転車保険には入っておきましょう。

家

欠陥住宅に気付いた場合

住宅の引き渡しを受けるときに、その建物が欠陥住宅であるかどうかに気付くことは簡単ではありません。生活を始めてから瑕疵に気付くことがほとんどです。そんな場合に住宅メーカーが適切に対応できるように、住宅メーカーは瑕疵担保の保険に加入することが義務付けられています。

男性

気をつけたいポイントとは

海外留学を行う人が増えた事によって、留学保険を利用する人が増えています。留学保険を選ぶ際に気をつけておきたいのが、サポート体制です。ケガや病気など万が一の際に頼りになる体制か否かは非常に重要な要素であると言えます。

退職金の準備に活用します

女性

長期契約の商品が人気です

法人の節税対策として普及している生命保険商品に長期平準定期という種類の商品があります。この商品は法人が契約者となって、役員等が被保険者になります。この長期平準定期という種類の商品は多くの保険会社にありますので、保険会社によって商品性には違いがありますが、どの商品にも共通していることは、被保険者が40歳以下の場合に特に有効な商品である点です。契約する際にはこの点に注意が必要です。若い年齢で契約して、満期は99歳あるいは100歳など商品によって異なりますが、数十年の長期契約になります。法人が支払う保険料はその半額が税務上の経費として処理できますので、節税対策になります。残りの半額は決算において固定資産に計上することになります。解約するタイミングは被保険者が定年退職する時点になります。一般的には60歳から70歳程度の年齢です。そのタイミングで解約すると大きな解約返戻金が戻ってきます。商品によって異なりますが、解約返戻金の金額は支払った累計保険料の9割を超える商品が多いです。解約返戻金と固定資産に計上している金額との差額が税務上の益金になりますが、定年退職で支払う退職金は全額が税務上の経費になりますので節税対策として活用されるのです。生命保険商品の中には税の繰り延べとして節税対策に利用されるものもあります。将来的に解約返戻金には課税されるが、保険料を経費として処理することで当面の節税効果を得られる仕組みです。退職金準備の商品は単なる税の繰り延べではなく更に節税対策として有効です。

Copyright© 2018 多くの会社が行なっている節税対策|保険加入のメリットを要チェック All Rights Reserved.